前へ
次へ

被害者が死亡した時の慰謝料の計算方法

交通トラブルにはいろいろなタイプがあり、一方の不注意で起きたものもあれば、あおりなど故意で起こされるものもあります。
また交通トラブルによってどんな被害が生じるかも異なり、かすり傷程度もあれば一定の治療が必要なケース、さらには被害を受けた人が亡くなるときもあります。
もし交通トラブルに遭った人に家族があったとき、トラブルを起こした人に対して慰謝料を請求する時にはどんな計算をするかです。
亡くなった人の配偶者や子供、親等いろいろな立場の人が慰謝料の請求が出来そうですが、まずは遺族の立場としての慰謝料の請求が行えるでしょう。
それ以外には被害者本人が受けるはずの慰謝料があります。
けがなどであれば治療が必要ですが、それらが本人に渡される慰謝料になるでしょう。
亡くなったときに本人に支払われるべき慰謝料は相続を受ける権利がある遺族に相続されることになり、一定割合で配偶者や子供、親などに配分され、遺族として受ける額と合算します。

明石・加古川で激安外構工事ならここ!

一人でできない家具の組立てはmission豊中支店へ

https://www.up-shoes.com/
選び抜かれた本革使用。全て日本国内で生産された日本人のためのシークレットシューズを取り扱っています。

すぐに駆け付ける便利屋

Page Top